〇〇の森

~占い、物語、エネルギーワーク~

部屋の浄化・身の浄化

こんにちは、星です。

本日は部屋の浄化・身の浄化についてお話させていただければと思います。

 

部屋の浄化

部屋の浄化には色々な方法があります。

音や風通しをよくする、清潔に保つ、香りや煙の力を使うなどです。

身の浄化

身の浄化も似たようなもので、エネルギーの通りを良くし、清潔にたもち、香りや煙の力を使うといいです。

 

香りや煙の力を使う浄化方法

今回は香りや煙の力を使う浄化方法についてお伝えさせていただければと思います。

 

部屋の浄化方法

線型のお香をたいたときに、部屋の入口で浄化のワークをします。

図のようにお香をもった腕を部屋に向かって動かすとその部屋を浄化することが出来ます。

セージを使ったり、指で空間を切るようにしてもいいです。

ぐるっと大きく回してまっすぐ切るを時計回り→反時計回りの順に3回繰り返します。

 

身の浄化方法

線型のお香をたいたときに自分に対して浄化のワークをします。

図のようにお香をもった腕で自分の体をたすき掛けで切るようにして浄化することが出来ます。

左肩から右腰に向かってお香などを持った手で体をきる→右肩から左腰に向かって手で体を切るを3回繰り返します。

 

いかがでしたでしょうか。

精神的な気の持ちようや、現実世界を丁寧に進めていくことも大切ですが、少しのエネルギーワークを生活に取り入れることも助けになります。

 

色々な用語

こんにちは、星です。

 

最近は、占い・スピリチュアル関連の分野が以前よりも世間に受け入れられ始めています。

以前よりも気軽に占いに通う方は増えたでしょうし、スピリチュアル関連の用語もたくさん出来ています。

 

それ自体はとても嬉しいことです。

占いに行ったりスピリチュアル番組を見ても、以前のように「怪しい」「騙されている」と後ろ指をさされるケースは少し減ったように思います。

占いやスピリチュアル関連の考え方をうまくご自身に取り入れている方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、このようにしてできた占い・スピリチュアル関連の言葉や造語にだけ飛びつくのは危険です。

言葉が断片化して水に浮いたものに、ただ集まるのでは意味がありません。

 

事象の奥の、物事の中心となっている真の出来事を読み、表出する言葉を出せる占術者でありたいと思います。

 

占い師・カウンセラーさんを選ぶとき

皆様こんにちは、星です。

 

本日は、占い師やカウンセラーさんを選ぶ際に、意識しておくとよい点を共有させていただこうと思います。

個人的な意見になってしまうかもしれませんが、自分が思うところを投稿させていただきます。

すでに実践されている方もいるでしょうし、やや当たり前な部分もあるかもしれません。

 

占い師やカウンセラーさんを選ぶときに大切なのは、まず「その占い師・カウンセラーさん自身が幸せである」ということです。

その方自身がうまくいっていなかったり、不幸せなオーラ全開では、やはり私たち(占いやカウンセリングを受ける側)が幸せを感じるのには無理があると思います。

友人関係でも、職場の上司や部下でも、その方自身が人生に不満を感じていたり愚痴っぽかったりすると、私たちが一緒にいて幸せを感じることはあまりないかと思います。

 

また、別の視点としては「自分と感覚や考えのあう人」を選ぶということが大切です。

その占い師やカウンセラーさんの話を聞いたり、販売物品を見たり、リーディング例を見ていて、フィーリングがあうと感じるのであれば、やはり私たちもその方から取り入れる要素が多く、アドバイスも自分にマッチしよく理解できます。

そのような占い師・カウンセラーさんと一緒に歩むことで、私たちも、その方自身やその方の言葉、態度から取り出せるエッセンスが多いように思います。

 

人によっては、占い師・カウンセラーさんの色味をよく理解して、複数の占い師・カウンセラーさんに状況別にお世話になっている方もいらっしゃいます。

 

【占い】お相手があなたとの恋愛について思っていること

こんにちは、星です。

今回は、「お相手があなたとの恋愛について思っていること」をテーマに占いをしていきたいと思います。

特定の気になる方や深い関係の方がいらっしゃる場合は、その方を思い浮かべていただければと思います。

 

A)かB)のどちらか一方、あるいは両方から必要なメッセージを受け取ってください。

 

A)を選んでくれたあなた

あなたとお相手との関係

過去、愛し愛されており、相思相愛の関係であることが見て取れました。

現在も相性はよく、相思相愛なのですが、関係性をステップアップする時が来ているようです。

何か関係性をステップアップさせたい場合には、今がチャンスですとのことです。

未来には、長く継続して一緒にいる二人のお姿が出ていました。

結婚している熟年夫婦のような状態です。

ですので、関係性のステップアップはもしかしたら結婚や妊娠と関係があるかもしれません。

 

お相手があなたに感じていること

お相手があなたに出会ったとき、「恋のチャンス到来!」といった気持ちで積極的にあなたに近づいたようです。

この恋愛は、お互いにwinwinの関係で、一緒にいることでお互いが目指すものにも、いい影響があるようです。

一緒にいることで、お互いにとって幸運のあるお相手です。

 

仕事や、ボランティア活動、技術を磨く活動などで共通した志があるのかもしれません。

お相手は、その志を一緒にかなえられる相手としてもあなたを見初めたようです。

お相手とあなたは、お互いから学びあえることがあったり、時にはライバルのように感じたりする相手のようです。

将来的には安定して継続した関係性をあなたと築いていきたいという気持ちがあるようです。

すでに夫婦である場合は、このまま継続して連れ添いたい、まだ恋人どおしである場合は夫婦になりたいという意向が見て取れます。

 

あなたがお相手に感じていること

あなたはお相手に出会ったとき安定感や安心感のようなものを感じたようです。

現在あなたはお相手との関係の中で何か待っているものがあるのでしょうか。

それは結婚や妊娠でしょうか。

あなたは少しお相手の気持ちがわからなくなったり、反応を待っているような状態になっているかもしれません。

お相手が友達のように接してくることで、不安を抱えている場合もあります。

しかし、あなたが待つものは必ず近未来に彼から持ち出されます。

あまりカリカリせず、受け身でいることが、そのことを順調に運ぶコツのようです。

 

お相手との関係性の最終結果と対策

・最終結果

思いがけない出来事の到来です。

偶然に、思いがけないタイミングで思いがけない出来事が起きたり人に出会ったりします。

あなたの近未来のところで妊娠を示すカードが出ていたので、そのことかもしれません。

妊娠以外のことでしたら、男社会の中に一人の女性がふっと入り込むようなイメージで、柔らかい何かがあなたたちの生活に入り込んでくる可能性があります。

・対策

不慣れな出来事が起こる可能性がありますが、それさえも楽しんで生活するとよいでしょう。

平凡な中の幸せを見つけましょう。

郷に入っては郷に従い、生活の中の小さな幸せを大切にしてください。

言葉使いには注意し、口約束だけをおこなったり社交辞令で済ませすぎたりしないようにしましょう。

 

B)を選んでくれたあなた

あなたとお相手との関係

あなたとお相手との関係は、カードからは少ししんどい感情が伝わってきました。

お互い、あるいはどちらか一方が無理をしている様子があります。

関係性が壊れそうになっている一面やストレスを感じる状況もあったでしょう。

恋愛の局面としても難しい状況があったり、ライバルが多い恋だったかもしれません。

お相手に手が届きそうで、届かない、やっとここまできたのにとあなたが落胆する様子がうかがえます。

一難去ってはまた一難で、思い通りに進まない状況です。

 

お相手があなたに感じていること

過去、少しお相手の心がふらついている様子がうかがえます。

心が別の方向を向いていたり、不安定で気持ちが定まらないような状況です。

あなたとは別のライバルが出現したりして、とってかわられたのでしょうか。

心があなたに向いておらず隙間風が吹いているような様子です。

 

この方の恋愛は、今後障害があります。

行く手に問題があり、うまく発展しづらいでしょう。

 

あなたがお相手に感じていること

過去、あなたはお相手を大切にとらえ、お互いになくてはならない存在だったと思います。

家庭的なこともこなし、平凡な幸せをつむいでおられたことと思います。

 

しかし、お相手が関係する何らかの行いにあなたが傷ついたのか、以前のように彼に感情を向けられなくなっているのではないでしょうか。

見せかけばかりの愛情で中身が伴っていないと感じたり、彼の言葉と態度が違うと感じることがあったかもしれません。

あなたはもしかしたら相手から傷つけられたり、ひどい言葉をかけられたかもしれません。

あなた単独については、自分のことをよく見せたいとどうにか着飾ろうとし、それはそれでストレスになっているような状態です。

 

お相手との関係性の最終結果と対策

・最終結果

少しムードに欠けたり、一方的な展開にひきづられやすくなりそうです。

信頼関係も気づけていないままにことがどんどん運んでしまうかもしれません。

どちらかがどちらかに合わせている状態で、対等な関係にはないようです。

甘えで守ってもらうというよりは、あなた自身が女性であっても男性のようにやっていかなければいけないような緊張感のある様子が出ています。

 

・対策

この状況に対して対策は2つ出ていました。

①精神的な自立

どちらかがどちらかに一方的に合わせてずるずると引きずられる構図があります。

精神的な自立を心がけましょう。

②どこかで腹をくくってリセットする

この困難は、うまくやり過ごせるものではあるようです。

全てをなくしてしまったような喪失感を感じたり、放心状態となるかもしれませんが、あなたが行く道が一番安全で、あとにおきる困難を最も器用にうまくやりすごせる道です。

過去にこだわりすぎず、可能なうちに腹をくくって状況や気持ちをリセットすること、とカードは説いています。

 

いかがでしたでしょうか。

皆様は、どのような方を思い浮かべましたか?

 

 

ツイッター:〇〇の森 -hoshi.blog- (@blog_hoshi) / Twitter

 

憑依を逃れる方法

こんにちは、星です。

今回は「憑依」について皆様と共有させていただこうと思います。

 

憑依とは

自分の意識やエネルギーの中に、誰か別の(生きた/亡くなった)人の念やエネルギーがかぶさって入り込んでしまうことです。

 

憑依されたらどうなるか

憑依された場合、自分自身の考えがまとまりを失い、憑依した方のことが頭から離れなくなります。

その方の念を感じたり、感情の影響を受けたりしやすくなります。

 

憑依されているかどうかを確かめる方法

鏡で自分の顔を確かめます。

普段と違うような感じがしたり、自分が自分でないような感じがしたり、何かおかしい、別の人を見ているみたいと感じることが目安になります。

また、特定の人に対する考えが一日中離れず苦しいような場合も、原因が自分/相手のどちらにあるかはさておき、憑依的な状態にまでもつれ込んでいる可能性があります。

 

憑依をされない/とく方法

憑依は怖いもののように思われがちですが、意外と自分の心持一つですぐに対策が可能です。

 

普段からできる対策としては

・湯ぶねにつかるよう心がける

・水を多くのむ

・ある特定の考えを長時間続けたり、ある特定の人のことを長時間考え続けたりしない(特にそれをしていて気分が悪い場合には)

・人の念を受けやすい場所に行く場合は、紙に粗塩をくるんだものを持ち歩いたり、榊の葉を持ち歩く

・観音経25経を聞いたり唱える

・あおうえいの実践

などがあります。

※あおうえいの実践はまた後日、別の記事でブログにさせていただければと思います。

 

憑依されないために大切なこと

一番大切なのは、自分から憑依をもらいにいかないことです。

憑依は「される」と表現しますが、波長があったものによってきます。

自分自身が本来そのような人でなくても、自分の中に暗い気もちが芽生え、それに長時間焦点を合わせていると、同じような気持ちをもつ人やエネルギーが寄ってきます。

落ち込むのも時には大切なのですが、自分が暗い気持ちでいる時間が長くなっているなと感じる時、一度その事柄から身をおき、違うことを考えてみたり気分転換をして、明るい世界に戻るよう工夫することが大切です。

長期間あるテーマについて暗いことばかりを考えていると、そのエネルギーが自分をとりまき更にしんどくなったり、その念にあう人やエネルギーが引き寄せられてきます。

 

憑依されないためには、そのエネルギーに自分が焦点を合わせないようにすることが大切です。

暗い気持ち(エネルギー)に焦点を合わせていたことになるべく早く気づき、元の世界に意識を戻すことも大切です。

 

 

【占い】今、勉強をしていることの行く末

こんにちは、星です。

いま勉強していることがある皆様に向けて、その行く末がどうなるかを占ってみたいと思います。

 

A)かB)のどちらか1方、あるいはその両方から必要なメッセージを受け取ってください。

 

A)を選んでくれたあなた

あなたの過去・現在・未来

過去、あらゆる障害があったようです。

あなたはそれを何度も強くのりこえてきたのでしょう。

壁にぶつかりながらも、前向きに取り組んだからこそ、ここまで進んでこれたとカードが教えてくれました。

 

しかし現在、少ししんどい状況です。

せっかくここまで来たのに、今度は外部環境が整わず足止めを食らっているようです。

今は我を出しすぎたり、自分の希望を推し進めようしすぎずに、状況に合わせておくのがいいでしょう。

期間を選べる場合は、どのくらいの期間までは頑張る/待つ/相手に合わせるなどと決めて取り組んでもいいでしょう。

 

未来には、明るく安心感のある世界が見えています。

自分の好きなことやフィーリングの合う事業を行え、感じるままに進んでいけるようです。

少し注意点として、未来の時点においては自分の好きなこともできてフィーリングも合うことを進められ雰囲気はいいのですが、実質的な部分(金銭面の勘定ややりくり、人員の配置など)についておろそかになりがちな時期となっています。

可能であれば、金銭面や人員などの実質的な部分にも気を配りましょう。

 

あなたを取り巻く環境

あなたよりも周りの方が、どちらかというと期待で盛り上がっています。

周りの温度の高さやお祭りモードに引っ張られて、物事を一気におしすすめようとして失敗しないよう気を付けましょう。

自分の希望や理想が高くなりすぎているのであれば、自分の実力を過信していないか今一度見直します。

しかし、周りがあなたの頑張りや取り組み姿勢を見ていい影響を受けたり、鼓舞されている面も大きいようです。

 

あなた自身としては、今はなにかトラブルに見舞われていたり、対処しなければならない問題があるのでしょうか。

立場の上の人に意見が通じず萎縮してしまっているのでしょうか。

あなたの純粋な気持ちは唯一無二の素晴らしいものですが、出る杭が打たれないように、上の立場の人をうまく立てておきましょう。

礼儀正しくしておけば、問題は上手に過ぎていきます。

 

最終結果

あなたがいま取り組み勉強していることについて、最終的には調和がとれ、幸せで満たされた状況が出てまいりました。

ですので、最終的にはうまい具合にはまっているようです。

対策としては、礼儀正しく何事もほどほどにして調子がいいからといって実力過信にならないことです。

調子のいい時には、悪い時の対策をします。

調子のいい時には、周りをみて、相手を思いやる気持ちを届けます。

それらは今後の備えになります。

 

B)を選んでくれたあなた

過去・現在・未来

過去この方が勉強していたテーマは副業のようなイメージで、生活のど真ん中にはなかったけれどもあなたは確かに大切にされていたようです。

理性的に考えるというよりは、「自分はこのことを勉強したい」と直感的に引き寄せられるようにして出会ったテーマのようです。

自分の感情に素直に選ばれたテーマではないでしょうか。

 

現在、もしかしたらこのテーマについてあなたは問題や葛藤を感じているかもしれません。

この問題や葛藤には2種類あります。

①追いやられてあなたがこの分野から退かされる

頭ではそれに気づいていながら、しりぞき際が定まらないような状況です。

新しくはじまった何かのせいや、新しく現れただれかのせいで、ご自身の勉強していたテーマが衰退するような印象です。

このような時は理想を高く持たず、早くに撤退するか、まだ続けたいのであれば気楽にできる範囲で続けると良いです。

②あなたがその分野に猛追していく

あなたがこのテーマにますますの繁栄と興味を感じる場合、生活の基盤となる仕事や立場をゆらがせても、このテーマについてもっと深く掘り下げ生活の中心に置こうとする可能性が見えています。

今勉強しているこちらのテーマを、今後は本格的にやっていこうと思われている可能性もあります。

 

色々と悩まれているかもしれませんが、今あなたが勉強していることは未来の行く末には、うまく落ち着くところに落ち着きます。

自分では想像もしえなかった出来事が起こり、それがきっかけでうまく落ち着く運びとなります。

きっかけとして起こることは、いまの私たちが想像できる範疇をこえ、急激に現れるもので、今の私たちが想像できるものではないようです。

 

あなたを取り巻く環境

あなたを取り巻く外部環境は少し不安定なように思います。

あなたの進路が決まらなかったり、行先に迷う状況です。

思い切って見切りをつけて新しい一歩を踏み出すことも大切です。

そのようにしていれば、今までのことはよくも悪くも解消します。

過去にこだわらない思い切りで潔く線引きをしてリセットすることも必要なようです。

 

最終結果

この方のテーマは大器晩成型ですが、ことはなしえます。ゆっくりと状況が動きそうです。

時間の流れにまかせてゆっくりと大成するのがいいでしょう。

待つ時間さえも楽しんでください。

ただし、現状がやはりやや不安定です。

対策としては、周りと意見を交えておくといいでしょう。

人と協力して意見を聞きながら進めることで、いいものを生み出し状況は安定・発展するようです。

何かを飲みながら話し合ったりするのもいいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

皆様が何か温めている、興味をもって勉強している分野がある場合、そちらを思い浮かべていただければと思います。

 

皆様に素敵な人生を。

 

 

 

肩の力を抜くワーク

こんばんは、夜のエネルギーワークです。

 

一日の終わり、家に帰ってきたら、外で起きた出来事の影響を落とします。

 

肩の力をぬき、目を閉じ、横になり、自分の体を休ませることを選びます。

 

仕事中にはできなかった、お休みの時間を自分に許可します。

 

目を休め、体をいたわり、何もしない時間を作り、疲れを癒します。

 

誰にも邪魔されず、自分の好きなように自分をお休みさせる時間を選択できる自分をイメージします。

 

心が栄養を呑み込み、生き生きと命を吹き返すのを感じます。

 

それはあなたの喜びになります。

 

 

 

損をすること

こんにちは、星です。

本日は、「損をすること」についての易の解釈を、易の掛の一つである「山沢損(さんたくそん)」と共にお伝えしたいと思います。

 

損をすること

易では、損をすることは長くは続かず、必ず転じて益となる、という旨のことが書かれています。

損には損失、損害という意味だけでなく、その時の自分に余裕のあるものを相手に与える、という意味があります。

一時的には自分の持ち分が減りますが、将来的にはそれがプラスになって帰ってくる、という意味です。

 

「山沢損(さんたくそん)」とは

易の掛の一つです。

筮竹や易さいころでこの掛が出た時は、文字通り「損をして得をとる」時期です。

今、自分に余裕があるものを相手に与えておくと、後で必ず大きなものになって帰ってきます、という意味の掛です。

精神的には、修行や勉強の多い時期になるでしょう。

物質的に恵まれるのは先になりそうですが、精神的には得られるものが大変多い時期です。

 

恋愛で山沢損が出たら…

恋愛でこの掛が出たときは少しアンバランスな関係性がうかがえます。

どちらかがいつも無理をしていたり、気持ちや愛を与える側がいつもきまっていてその方だけが必死になっているような状況です。

その方自身も、いずれはこれらの出来事から学ぶことが大きく、精神的な鍛練と結びつくのですが、この掛が出ている最中は苦しい状況でしょう。

自分だけがしんどい思いをしている、と感じることもあると思います。

相手との話し合いが実質を伴わず、のれんに腕押しのような状態となり不満が大きくなるのであれば、話し合う相手を自分に変えると良いです。

与える側と受け取る側の構図が決まってしまっているような関係になっていますので、相手に何かを求め話し合うことがうまくいかないのであれば、自分との折り合いをつけ自分の気持ちを傾聴し選択に生かします。

 

いかがでしたでしょうか。

何かに一生懸命に取り組んでも物質的には何も帰ってこないと感じている方。

山沢損は、今は損をするのがいい時期ですということを教えてくれています。

精神的には鍛練の時期になりますが、その「損」はあとで得(徳)になって帰ってきます。

無理がないように自分なりに範囲を決めて、ある程度のボランティア精神をもってやるのがいいでしょう。

 

恋愛面で苦労されている方は、自分の気持ちと話し合って、自分の思いを大切にされるといいでしょう。

 

 

 

参考:「中国医学の源がわかる まんが易経入門」

 

・減損は悪とみなしてはならず、ときには根本的な利益のために犠牲を払うことも必要である。

・下を損ない上を富まし、人民の財産を減らして君主の財富を増やす。

・減損そのものは縁起が悪いが、民から取ったものは、最終的には民のために使わなければ人民の信任を得られない。

・形式的には減損であるものの、誠意がこもっているので受け入れられる。

命占(めいせん)と卜占(ぼくせん)

こんにちは、星です。

本日は占いの種類と、それに対して自分自身が思うことを書かせていただこうと思います。

 

占いには命占(めいせん)と卜占(ぼくせん)があります。

 

命占とは

命占とは、変わることのない結果がでる占いです。

例えば、占星術、四柱推命などがそれにあたります。

生まれた時刻や場所から人の運命の流れを統計学的に割り出すので、人生のどの時点で占っても結果がコロコロ変わるということはありません。

自分自身の心持ちによって、あとあと起こる出来事が変わってくることがあるだけです。

 

卜占とは

卜占とは、偶然性に任せた結果が出る占いです。

例えば、カード占い、さいころ占い、易などがそれにあたります。

その時その時の偶然性を使って占い結果を出すので、何度も占えば結果が変わってくることがあります。

 

命占と卜占のいいところ

・命占のいいところ

命占のいいところは、自分の人生の運命の大きな流れを知れるところです。

自分の人生の流れを進み、主演役者として演じきれる一番のはまり役は自分自身です。

それはあなた以外には考えられないですよ、とあなたが主演に選ばれています。

命占で自分自身の運命の流れを知れば、どの時期に何を意識しどう立ち向かえばいいのかのヒントにすることが出来ます。

人の性質や人との相性を見るのにも適しています。

 

・卜占のいいところ

卜占のいいところはその時々に合わせた、新鮮で生き生きとした情報を得られることです。

命占の情報に+ONする形で、追加の情報をいつでももらうことが出来ます。

占的を立てて占うので、聞いたことに対する答えが対応して帰ってきます。

カードを使うことが多いので、文字だけでなく絵柄からもヒントを得られることがあります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

人は皆、自分自身の人生を主演役者として歩んでいきます。

その役柄はあなた以外には考えられません、として配役されたものです。

 

命占も卜占も、うまく使えば自分にあてられた運命の理解や、道を切り開く手助けになります。

 

過去の参考記事

助演役者:助演役者 – 〇〇の森 (hoshi.blog)

 

 

第24話:祝福の朝日

「池川さん、今日はよろしくね。日勤でお産三人はいって、一人は昼間に経腟、一人はさっきオペ室で生まれてNICUに。もう一人は、うーん、今日の夜勤帯かなあ。」

 

「はい、わかりました。もう一人は38週で初産婦ですね。既往歴は高血圧、と…。」

妙子さんは医療スタッフ用の制服に身を包み、電子カルテを立ち上げた。

 

「そう、よろしくね。なんでも、不妊治療の末に授かった待望の第一子みたいよ。日勤の子からも引継ぎ、聞いておいてくださいね。」

 

「はい。」

妙子さんは病院で助産師をしている。

趣味だった占いを本格的にやるようになって、今では占いでお客さんを取るようになった。

しかし、生活の基盤は助産師の仕事であるといっていいだろう。

助産師は昼も夜も働ける仕事だ。今日は夜勤の仕事に入っていた。

 

「池川さん、引継ぎお願いします。患者は35歳女性、初産婦です。既往歴は高血圧があります。」

妙子さんは、病院で同僚として働く3年目の助産師から引き継ぎを受けた。

 

「お産まだ進んだり止まったりで、やっといま5cmです。本人は結構痛がっているけど。」

 

妙子さんは引継ぎを聞いた後、患者のところへ向かった。

 

「こんにちは、夜勤を担当します。池川妙子です。よろしくお願いします。」

 

「あ、ああ…。中村です。結構痛くて…いま何cmですか?さっきと変わってないですか?」

 

「そうねー。うーん、まだかなあ。」

 

「はあ、はあ。そう…。」

 

「血圧はかりますね。頭痛はない?今日はどんなお産にしたいんですか?」

 

****

 

妙子さんは受け持ち患者の血圧などを測定し、状態を見たあとカルテ情報を打ち込んでいた。

 

「お、おはよう。どう?中村さんの様子は。」

医師が妙子さんに話しかけた。

 

「まだ子宮口そんなに変わりません。5-6cmでしょうか。」

 

「そうか、わかった。何かあったらよんで。」

医師は別の患者を診るために、お産室を離れた。

妙子さんも別の患者を診るために、一度、中村さんの元を後にした。

 

***

 

「うーんっ…、うーんっ…。」

妙子さんは中村さんのもとに戻ってきていた。

中村さんは額に汗をびっしりかいてベッド柵をもって荒く呼吸している。

 

「中村さん。目開けられますか?そうそう上手上手。血圧はかりますね。」

妙子さんも中村さんの状態に合わせて腰をさすったり声掛けを行う。

 

「さっきより子宮口開いてきているからね。あと、そうだな、このまま進めば3時間か4時間かなあ。血圧、はかりますね。」

 

「3時間か、4時間?無理です、絶対無理。痛い…。もうおなか切ってください。」

 

「旦那さんは?応援してくれているの?血圧160/120か…。」

 

「ああ、はい。うちは不妊治療してたから。ずいぶん喜んで。今はうちで待ってくれています。生まれたら連絡ちょうだいねって。」

 

「そう、いい旦那さんじゃないですか。もうひと頑張りだからね。」

妙子さんは、出産で弱気になる中村さんにうまく声をかけ、気持ちを紛らわせようとしていた。

 

***

 

「先生、中村さんの血圧160/120です。」

 

「そう、結構上がってきてるね。降圧剤いれてくれる?痛いと血圧あがっちゃうかなあ。」

 

「わかりました。中村さん、降圧剤の点滴いれますね。」

 

「ああ、はい。お願いします。ちょっとおなか楽になってきました。赤ちゃん、元気ですか?」

 

「そう、ちょっと陣痛遠のいてるかな。痛みが落ち着くようなら、今の内に少し休んだら?眠れるようなら仮眠もとってくださいね。赤ちゃんは今のところ大丈夫そうね。何か食べますか?」

 

中村さんは赤ちゃんが元気だと知って安心した様子だった。

初めてのことで不安や緊張がたくさんある、新型コロナウイルスの観点から旦那さんの付き添いがないことも不安材料の一つだ、と陣痛が遠のいた間に妙子さんに話してくれた。

 

「うち、ほんとに子供できなくって。ずっと待ち望んでた子なんです。だからやっぱり旦那さんやみんなに見てもらいたいし抱っこしてほしい。自分もこの手にこの子を抱きたいです。義母も母も喜んでくれているし、お産、頑張りたいです。」

中村さんは、陣痛が遠のいて少し落ち着いたのか、心の内を話してくれた。

 

「池川さんは、お子さん、いらっしゃるんですか?」

 

「うちは、男の子がいますけど、再婚相手の子供だから。私が生んだんじゃないんですけどね。」

 

「ああ、そうなんですね。すみません、変なこと聞いちゃって。」

 

「いいえ、いいんですよ。血は繋がってなくても、やっぱり家族は家族なんだなあとは思いますから。

中村さんも、これから素敵な家族、作ってくださいね。」

 

「そうですね。なんだか勇気がでました。ありがとうございます。」

 

そこから少し陣痛は遠のき、中村さんは、妙子さんのアドバイスどおりに仮眠をとって休むことができた。

 

****

「先生、子宮口7㎝ですがお産進まず、血圧上がって収縮期が170です。赤ちゃんの心拍も下がってしんどい状態です。」

 

「はい、今行きます。」

 

中村さんは産気づいていたが、血圧も上がり、降圧剤を使用してはいるものの安全な状態とは言えなくなっていた。

「先生どうします?朝まで待てるかどうか…。」

 

「中村さん。今、赤ちゃんの心拍が下がってきていて、赤ちゃんがしんどい状態になっています。赤ちゃんを楽に出してあげるために、急ですが、帝王切開に切り替えることにします。一度帝王切開すると、基本的には次も帝王切開になりますがいいですか?」

 

「え…?帝王切開ですか?下から産むんじゃなくて?」

「はあ、はあ、はあ。」

中村さんは荒く浅い呼吸を繰り返していた。

 

「いまの状態では、それが一番安全に赤ちゃんを出してあげられる方法かと思います。」

 

「…わかりました。それが安全なら、そうします。よろしくお願いします。」

 

「池川さん手術室に運ぶ準備して。」

 

「はい。」

 

*****

 

手術室に入った中村さんは目を固くつぶり、ただ自分の手を強く握りしめている。

妙子さんは、緊張している中村さんの肩に手を置き声をかけた。

「もう抗菌薬入ってますからね。すぐ赤ちゃん楽になりますよ。」

 

妙子さんは、赤ちゃんを取り上げる準備をしながら中村さんを安心させようと寄り添っていた。

「中村さん、大丈夫ですよ。もう赤ちゃんでますからねー。」

 

中村さんは、やや肩の力が抜けた様子で覚悟を決めていた。

 

「ッギャーッ。ッギャーッ。ッギャーッ。」

 

「はーい、おめでとうございます。男の子です。」

妙子さんは素早く赤ちゃんの体をタオルで拭きへその緒の処置をした。

 

「はいどうぞ。ママ抱っこしてあげて。」

 

中村さんは、感動と汗でぐちゃぐちゃになったような表情でようやくおそるおそる目を開け、赤ちゃんを抱いた。

 

「わあ。あかちゃんだ。かわいい。重い。うれしい。」

 

****

 

一通りの処置が終わって、落ち着いた赤ちゃんは小児科医師の診察を受けていた。

中村さんは電話で旦那さんに出産の無事を報告した。

 

妙子さんは部屋でカルテを書きながらその様子を見守っていた。

 

「池川助産師さん。」

 

「はい。」

 

「今日は本当にありがとうございました。途中弱気になったときも、たくさん、励ましていただいて。おかげで無事に赤ちゃん産めました。」

 

「いいえ、素敵なお産でしたよ。」

 

「私、ずっと不妊治療で。やっと授かった子で。赤ちゃんを抱いたときこんなに幸せなのかって。自分だけこんなに幸せでいいのかなって。そんなこと思って、なんだか泣けてきちゃって…。」

 

「産後はホルモンバランスも崩れやすいから、なるべく無理せずにね。今日はお疲れ様。出産おめでとうございます。」

 

***

 

「お願いします。35歳女性、38週で初産婦。今朝明け方に帝王切開になりました。赤ちゃんは小児科診察で問題なしです。母乳育児希望あります。」

 

妙子さんは朝に来た助産師に、昨日の夜の出来事を申し送り、仕事を終えた。

 

ロッカーで着替えて外にでる。

妙子さんの顔に朝日が刺さる。

 

ここは病院だ。

命が生まれたり、消えたりする。

 

だけれど、まぎれもなくこの朝日は、今朝のお産で生まれたあの赤ちゃんを祝福しているように思えた。

 

« Older posts

© 2022 〇〇の森

Theme by Anders Noren上へ ↑